• ?
    %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%

    第1回 ANA會長 大橋洋治

    ANAにとって中國はプロジェクトの中心地、などというような存在ではない。なぜなら、ANAは何十年も前から中國を視野に入れて活動してきたからだ。アジアナンバーワン、そのためにはまず中國へ...

     第3回 電通最高顧問 成田 豊

    広告代理店の電通は、単體では世界最大、グループでは世界第5位の世界に冠たる巨大企業である。成田最高顧問は、1953年の入社以來、日本の広告業の近代化に盡力し、電通が巨大企業へ成長する過程...

     第5回 國際経済促進協會會長 六川渉右

    今も日中交流のために心血を注ぐ六川氏は、1997年3月、中國南京老人児童福利院に50萬元(今のレートで計算すると約750萬円)を寄付。個人としては高額であり、當時、中國で...

    第7回 環境大臣 鴨下一郎

    7月7日から開かれた洞爺湖サミットでは、コンセプトの一つに「環境との共生」が掲げられ、環境問題が主要なテーマとなった。世界をリードする環境先進國日本は、未曾有の経済成長を続ける中國に、どんな警鐘……

     第9回 JFEホールディングス社長 數土文夫

    日本の2大鉄鋼グループの一つであるJFEグループは、環境問題にも積極的に取り組み、省エネルギーを実現する技術も數多く開発してきた。08年5月には、訪日した胡錦濤國家主席がJFEグループのリサイクル施設を視察……

    第2回 テレビ朝日?広瀬會長

    広瀬道貞?テレビ朝日會長は、大分県日田市出身、江戸期の儒學者、広瀬淡窓(ひろせ?たんそう)を祖先に持つ名家の生まれだ。父親の正雄氏は元郵政大臣、兄の貞雄氏は元富士貿易社長...

     第4回 ジャーナリスト 田原総一郎

    日中のジャーナリストが本音で激論を戦わせた非公開のこの會議では、日中間の火花散る問題が話し合われ、大きな成果があったという。また、上映中止をめぐって、大きな問題となった映畫...

     第6回 早稲田大學教授 榊原英資

    人民元切り上げや、今年に入ってからの上海市場の大暴落など、中國は次第にバブル経済への道を歩み始めている。そして2008年4月24日、中國政府は株式市場に介入し、証券取引印紙稅引き...

     第8回 伊藤忠會長 丹羽宇一郎

    北京五輪が閉幕し、中國経済は停滯するのではないか、とも噂される昨今、伊藤忠商事の丹羽會長は西部開拓が進めば、「世界の工場」としての中國はまだ健在であり、今のところ「中國に代わるような國はない」と語った……

     第10回 日本寫真家協會常務理事 齋藤康一

    1965年、文化大革命が始まる前年に、3人の寫真家が日本寫真家協會を代表して中國に渡った。そのうちの1人が齋藤康一氏だ。それ以來、齋藤氏は約80回も中國へと渡り寫真を撮り続けてきた。1965年當時と比べて……

    ?